2017年3月

東京都の豊洲問題

東京都の豊洲問題

(公開: 2017年3月21日 (火))

東京都の豊洲問題、そろそろ決着を出さないと

いくらなんでもただ延期で時間稼ぎのような状態、

つまり維持費用の無駄という状態になっているような

気がしてしまいます。

 

 

百条委員会での石原氏の対応についての

記事が出ていました。この内容についての

反応を調べました。

http://ameblo.jp/kahunkomatta/entry-12258408943.html

 

責任問題も大事なのだろうけど、豊洲に移転するのかしないのか。

早く結論を出さないと、これ以上の税金の無駄遣いはないと思う。

石原さんに責任があったとしても、個人で賠償するわけでもないわけで、

結局は税金が使われるのだから。

 

見てて逆にかわいそうになった

 

この程度なら籠池も安倍に勝てる。それを百条委員会が証明した。

 

百条委員会にかけた費用を東電の賠償の拠出金(のための寄付)に充てた方がよかっただろうね、東電の大株主提案としてな。

 

都議って無能の集まりなんだな...

人数半分でも多いわ。

 

都合悪くなれば、記憶にない。

都合悪くなれば、誰々に任せてたから知らない

都合悪くなれば、逆ギレする

やー、簡単だね。

 

自民党の質問を聞く限り、

都議会自民党は、7月の都議選を捨てたな。

都民が訊いて欲しいことを何も訊かない時間潰し!失望。

 

本当に民意も風も感じてないんだな。

鈍感というか不感症というか、国政にも居ないような古い自民党体質を引きずり、陰に下野するドンの顔色を窺っているのだろ。

まるで天然記念物だ。

 

 

記憶があるか無いかじゃなくて、その時に在任していたら処罰されるべき!

管理者責任だよ!

どおして、国や地方自治体は民間とかけ離れた処遇するかね!

 

3時間が1時間にされたのは真相究明を妨害したいからです。

 

記憶にあったとして、石原さんから、何が聞きたいの?

 

個人的な利権や野心がらみの行動?

 

これだけやって来て、何ひとつ、出てきていない。

 

「問題山積の築地から、市場を移さなければならない。」という積年の共通認識のもと、都議会も含めて、関係者が動いていた。

 

ただ、それだけでは?

 

 

で、小池都知事はこの後どーすんの?

築地か豊洲か、選択する責任からは逃れられないよ?

 

そこじゃないだろ

とっとと内田を呼べ

 

ひらがなを忘れたなら、ひらがなって単語が出て来るのはおかしくない?

 

そもそも豊洲の地下水は

食品に対してはもちろん床の清掃にすら使わないわけで

毎日2リットル飲み続けた場合の環境基準であることを隠して

基準を超えたとか言って騒いでいるマスゴ三にも大いに問題があるわw

この部分だけは石原さんの言うように

くみ上げてろ過でもして捨てればいいだけの話だと思うわw

 

 


昨今では...。

昨今では...。

(公開: 2017年3月 2日 (木))

引越し作業の流れを適度に見越して、見積もりに落とし込むやり方が大半です。けれども大手引越し業者には、当日の稼働時間を参考にしたあとで、時間給のようにして金額を決めるやり方も認められています。2立方メートルほどの箱に、家財道具をちょっぴり詰め込んで、知らないお客さんの移送品と等しいタイミングで運ぶ引越し単身パックを用いると、料金が非常に安価になるという特長を持っています。ご存じの方も多いと思われる手軽な「一括見積もり」ですが、尚且つ3割以上の人が、見積もり比較を試さずに引越し業者を吟味しているとされています。ご主人が発注しようとしている引越し単身コースで、リアルに納得してますか?まっさらな気持ちで、公正に検討しなおしてみればいいんじゃないでしょうか。大手の引越し業者も移動距離が長い引越しは経済的な負担が大きいから、安請け合いで勉強できないのです。しっかり比較して納得してから引越し業者に申し込まなければ、お得な引越しはできなくなります。日本では、単身者の引越しは、持っていく物の量は少量なので、引越し事業だけ展開している引越し会社ではなく、大きなトラックを持っていない配送業者でも可能なのが便利なところです。モデルケースとして赤帽という選択肢があります。ほんの2~3年の間に、ネット上で噂の一括引越し見積もりサイトをチェックする主婦の数が急伸しているのだそうです。また、引越し情報サイトのボリュームも次第に増えているようです。悠長に構えていられないから、支店が多い会社なら無難ということで、見積もりは煩わしそうだろうと、深く考えずに引越し業者を見つけていないでしょうか?本当のところ、それは非経済的な引越しです!単身引越しの価格を抑える手法で、引越し単身パックが支持されているわけですが、このメカニズムは運送会社が手数をかけずに、引越しを済ませることによって値下げできるメカニズムです。今なお「大安」などの縁起の良い日程は希望者が多いので、支払い額が割高に変更されています。引越し業者によって月日による料金設定はまちまちですから、引越し日を決める前に知っておいたほうがいいですね。昨今では、インターネット一括見積もりを利用すると、4~5社くらいの引越し業者をいっぺんに比較検討することが可能なので、どの業者よりも財布に優しいところを効率よく発見することも難しくはありません。積み荷のボリュームが控えめな人、大学進学のためにひとりで部屋を借りる人、引越しする新しい家で、重い本棚などを買い求める算段をしている新婚カップル等に向いているのが、カジュアルな引越し単身パックです。新居への引越しが確定したなら、予めやっておいたほうがいいのが、家に来てもらう「訪問見積もり」です。顔を合わせずに電話口で見積もりを算出してもらっただけのケースでは、ミスが生じるリスクが高くなります。お金が割増しされるにせよ、知名度のある日本中で展開している大規模な引越し業者に申し込みがちですが、ネットで情報を集めてみると、あまり広告を見かけない中規模の引越し業者にも実力のあるところは点在しているようです。思いの外、引越し料金には、相場と言われているベースの料金に時間帯別の料金や、特殊料金を付け足される場合があります。ほとんどの場合、休日料金が25%増し、稼動時間の後ろズレこみなどの時間外手当が25%というのはどこの業者も一緒です。